ABOUT US

商 号 | 大須賀 & パートナーズ

​所在地 | 東京都中央区日本橋2丁目1番3号

      アーバンネット日本橋2丁目ビル10階

      エキスパートオフィス東京 1001号室

創 立 | 2018年 7月 6日

代 表 | 大須賀 利一

事業内容

  • 宿泊施設の開発・経営

  • ツアーアクティビティの企画・仲立ち

  • 関連商品の販売

  • ​組織・人材開発のコンサルティング

  • ワークライフスタイルに関する提案

”ファーストペンギン”

​飛び込んだものしか見えない世界

”ファーストペンギン”とは、集団で行動するペンギンの群れの中から、天敵がいるかもしれない海へ、魚を求めて最初に飛びこむ1羽のペンギンのこと。生命の危険を顧みず、真っ先に飛び込んだペンギンは、身をもってその海が安全であると仲間に示します。

私たちは、私たちの一人一人がリーダーシップを発揮できる働き方や仕事環境の構築につとめています。それには、”ファーストペンギン”のように、自分自身を信じてリスクを恐れず「責任ある挑戦」をする精神をもつ。そして、時には、"ファーストペンギン”の後に続き、”ファーストペンギン”を全力でサポートするという「チームワーク」の精神も大切にしています。

ロゴと商号について

o&p_logo_tate01.gif

青の円形シンボルは、海と空でつながっている世界中の国の人たちに様々なかたちの出会いを提供する意味を込め、地球の円形と「&(AND)」をモチーフにデザインしました。仕事を行う上でも、人、もの、アイデアをつなげ新しい価値を創造する。単に自身で働くより、衆知を用いれば10倍、50倍の価値を創れる。そして、それが「ヒラメキ」につながれば100倍の価値をも創ることができる。自分自身だけでなくみんなで共に発展し、地域コミュニティや社会の繁栄に貢献をしたいという思いから「&」の重要性をハイライトするデザインにしました。​

行動理念 (β版)

私たちは以下の行動理念に基づいて、事業を遂行していきます。但し、これは、私たちが考える現在の価値観のもとの理念です。「β版」としている意味は、今後、私たちも学び、成長に努めて参りたいと思っており、その過程によって行動理念も進化していくべきと考えているからです。

  • 感謝「おかげさまで」が大前提(何事も実力半分、運半分)

  • グローバル・ファースト(世界的視点の考え方を常にもつ)

  • 責任ある挑戦(責任をもちリスクを恐れず実践する)

  • 本質をとらえ、決めたら、やり抜く(原理原則を見極めて行動する)
  • 相手の立場にたって考え、行動する(思いやり)
  • 信頼は透明性と共有からはじまる(正直に、誠意をもつ)
  • あそびをもつ(余裕、ゆとりをもつ)

THE

TEAM

 私たちは従来の組織形成を行なっていません。そして、これからも行うつもりはありません。プロジェクトを起こし、成功することにフォーカスし、そのために必要とされる経験、知識、技術を保有しているメンバーを柔軟にチーム形成できる体制にしています。

大須賀 利一

​Toshikazu "TJ" Osuga

大須賀 & パートナーズの創設者兼代表。プロジェクト森風の発起人兼事業オーナー。IT業界で20年以上の営業と事業開発のリーダー職を務める。前職はグーグルにてエンタープライズ事業の第一人者として事業の立ち上げと成長軌道にのせた実績をもつ。現在も複数のIT企業の顧問アドバイザーを務めている。

TJ Osuga PR 20200827.JPG

鈴木 豪一郎

Goichiro ​”GO" Suzuki

アドバイザリー・ボード・リーダー。不動産クリニック®️(株)常盤不動産の創業者兼代表取締役。不動産関係全般に精通している不動産のエキスパート。宅地建物取引主任者資格を保有。東京都大田区の発展を目指した一般社団法人 おおた助っ人の代表理事として地域活性化にも務めている。

 

松田 眞理

​Mari "MARI" Matsuda

アドバイザリー・ボード・メンバー

松田眞理公認会計士事務所の所長。 

公認会計士・税理士として活動する傍ら、経済産業省が推進する「健康経営」と「男女別のウェルネス」を研究。心身の健康からスタートする幸せな経済と社会の構築を目指す。小中高校の子どもたちへ伝えているお金の授業には定評がある。

渡部 立也

​Tatsuya "NABE" Watanabe

アドバイザリー・ボード・メンバー。暮らしと家の研究所の代表取締役。木造建築に関して幅広い知識と多くの経験をもつ。二級建築士を保有。住宅および旅館など、多数のリノベーションプロジェクトを成功に導く。前職は住友不動産の戸建住宅部門のリーダー建築士として活躍。

輪島 基史

​Motoshi "WAJIMA" Wajima

アドバイザリー・ボード・メンバー。古民家カフェ蓮月の代表取締役。東京都大田区池上にて、築86年の古民家を改装したカフェ&レンタルスペース「古民家カフェ蓮月」を創業・運営。同地域の老舗釜飯店「にれの木」を事業承継。地元に愛された場所を引き継ぎ、再生して後世に残す活動を通して、エリア全体の活性化に挑戦中。 

堀口 泰一郎

​Taiichiro "HORI" Horiguchi

アドバイザリー・ボード・メンバー。司法書士ほりぐち法務事務所の代表司法書士。相続や登記、その他、裁判所関連業務をよりわかりやすく身近なかたちで提供できるよう、精力的にセミナーや相談会を通した活動をしている。東京都大田区の発展を目指した一般社団法人 おおた助っ人の理事として地域活性化にも務めている。

&Partners Make Things Happen.

OSUGA & PARTNERSのプロジェクトでご一緒したパートナーの方々。豊富な知識と実績をお持ちの「その道のプロ」の方々です。

グラフィックデザイナー

OSUGA & PARTNERSならびにMORIKAZEのロゴを制作。コスモデザインの代表。ロゴ、看板、ポスター、商品パッケージなど多数の実績がある。

​二木 直樹

空間コーディネーター

MORIKAZEのインテリア担当。インテリアと香りに関する幅広い知識をもち、様々な空間コーディネートの実績をもつ。(株)アロマインデリアの代表取締役。

菊池 真紀子

建築現場監督

MORIKAZEのリノベ建築の現場担当。(株)トトモニにて建築プロジェクトの現場を統括し、環境の特徴と自然素材の良さを生かすというコンセプトのもと、抜群のオーケストレーション力(指揮力)で多くの建築プロジェクトを成功に導いた実績をもつ。

諸橋 義徳

大工

MORIKAZEのリノベ建築の現場担当。木材のクセを理解し、良さを最大限に引き出す大工職人。数々のプロジェクト現場をこなしてきた実績をもつ。時々「そこまでやらなくてもいい!」と言われるくらい丁寧に仕事をする人柄が皆に愛される人気職人。

佐々木 正雄

電気設備工事師

MORIKAZEのリノベ建築の電気設備担当。ユーザー・ファーストをモットーに、とにかく使う人のことを考える。使う人の立場にたって細かいところまで気を使った仕事のスタンスには定評がある。富永電気の代表取締役。

富永 晢一

造園師

MORIKAZEの外構担当。ユーザー目線を考慮しつつ、周辺環境や多数実績から得た知識を掛け合わせた提案とアドバイスを行いプロジェクトの具現化、実行をリードし、現場を統括する。天候に左右されやすいプロジェクト現場の進捗管理もしっかり行い完成に導く。山口緑園の代表。

山口 誠
カーソルを写真においてください。

価値創造とは、つなぐ力、着眼力、構想力、現場力、チーム力、実行力、展開力、想像力、肯定力、忍耐力、問題解決力、分析力、販売力など、さまざまな「力(チカラ)」が知識や技術と掛け合って実現されるのではないかと思います。